こどもが少しでも笑顔を取り戻してほしいと願いをこめ、

大阪芸大短大生100人と一緒に、『よりそう(震災のうた)』をつくりました。

よりそう(震災のうた) 〜作詞/大阪芸術短期大学有志〜 作曲/島田郁子

1.こぼれる しずくに そっと てをそえて 

        きみにえがお とどけだきしめるよ

     きみのりょうてに あるいのちのみを 

     ぼくがそっと すくって つつんであげるよ

 

    こえにならぬほど きずはふかいけど 

       きみは生きて まもり ぬいて その いのちを

 

       ちさな星(ちきゅう)で みんなで あったよ

       ぼくは いつもよりそう いっしょに うたおう

 

2.だれかと だれかが つながって いることは

        きっといまとても だいじなことなんだ

        てとてをつなげば あたたかくなるよね

        ぼくはそっと すくって つつんであげるよ

 

        こえにならぬほど きずはふかいけど  

     生きて生きて まもり ぬいて その いのちを

 

        ちさな星(ちきゅう)で みんなで うまれたよ

        ぼくは いつもよりそう いっしょに うたおう いっしょに 笑おう

​2011.12  ドレミファクリスマスコンサートが神戸新聞に掲載されました。

​2011.12   おにいさんが、読売新聞に掲載されました。

歌のお兄さんが「いっしょ」だよ…被災地を訪れ、子ども励ます。

​2011  おにいさんが、産経新聞に掲載されました。